苦痛の梨

女性に対して、よりはっきり言うと性器に対して使われたとされる拷問具として最も有名なものの1つに、この苦悩の梨(Pear of Anguish)があります。この記事を見に来た人にも、そのように認識をしている人は多いんじゃないでしょうか。

特徴的な形状や用途を持つこの拷問具が、実際にはどのように使われていたのかを見ていきましょう。

形状と使用方法

この拷問具はネジで動く3〜4枚の金属製の葉、それを動かす為のクランク、ネジを固定するための留め具で構成されています。名前の通り、洋梨のような形状をしていました。また、口腔用、膣用、肛門用で3種類の大きさが違う苦悩の梨が存在します。これは犠牲者の容疑によって使い分けられます。神や教会を貶める発言をした異端者には口腔用、不貞を働いた女性や悪魔と姦淫した魔女には膣用、男性の同性愛者には肛門用の苦痛の梨、といった感じです。

使い方は至ってシンプルで、苦悩の梨を犠牲者の穴に差し込むだけです。金属製のこの器具をねじ込まれることはそれだけで十分に苦痛ですが、ネジを回して金属製の葉を開けばより苦痛は大きくなったでしょう。特に、口腔用の物は苦痛を与えると同時に、口を拘束して言葉を話せないようにするという意味でも、ネジで開くこのギミックは重要でした。この審問で使うのに喋らせないようにする辺り、異端者のフォークに通じるコンセプトを感じますね。

膣用や肛門用に関しては、当時の技術では耐久性の問題から開くことはできなかったのではないかと考えられています。とはいえ、差し込んだ状態で内側から圧力をかければ苦痛は増しますし抜けにくくもなるので、やはり必要なギミックだったと考えられます。

この拷問具は小型で特定の部位のみに使用されるので、他の拷問具との併用が簡単です。また、金属製なのでして利用されることもありました。そのときの犠牲者の苦痛は……ちょっと想像したくないですね。

熱しての使用は別として、この拷問を受けて死亡する犠牲者は少なかったと考えられます。なぜなら、この拷問具が傷つける部位は口腔、膣、肛門と、いずれも致命傷になりにくい場所ばかりだからです。犠牲者を誤って死なせる可能性が低いという意味で、この拷問具は優秀だと言えますね。もっとも、死なないことが犠牲者にとって良かったことなのかと言えば、それはまた別ですが…

 

歴史

苦悩の梨は、一般的にスペインの異端審問や魔女裁判で使用されたと考えられている拷問具です。名称には種類があり、「懺悔の梨」「教皇の梨」あるいは単に「梨」と呼ばれていました。

使用されたと考えられている……と書きましたが、魔女狩りや異端審問でこの拷問具が使用されたという記述のある資料は調べた限りでは見つかりませんでした。拷問に関する展示のある博物館では大抵の場所で置かれているこの拷問具が、実際にどのような効果を犠牲者に発揮したのか、今のところよく分かっていません。

この拷問具に関する最も古い記録は近世初期の資料 “General Inventory of the History of Thieves”(1639年 F. de Calvi)に見られます。日本語に訳すと“泥棒の歴史の総括”といったところでしょうか。

この資料の中では、苦痛の梨は泥棒が強盗する際に口枷として利用したと書かれています。

拷問具の唯一の資料が、拷問ではなく強盗の為に使われた物だというのは、何とも皮肉な話です。

pear-of-anguish-010