近況報告など

今年に入ってからというもの、やらなければならないことが次々と現れるせいで自由の無い生活をしていましたが、ようやく一段落したのでやりたいことをする時間を確保することが出来そうです。今月がもうすぐ終わるというのにまだ記事3つしか書けてないですからね。書きたいことはかなり溜まっています。

とりあえずこの記事では、今後やろうと思っていることと、気になっていることを書こうと思います。

今後やりたいこと

異端審問のコラムを書きたい

実は現在、異端審問について色々と調べています。前々からいつかやろうと思いつつ、取っつきにくさから敬遠していたこのジャンルですが、年も明けたので丁度良いタイミングと思いました。取っつきにくいことに変わりはないんですけどね。

異端審問を知ることは魔女狩りを、そしてこれらの中で行われた拷問を知るうえで非常に重要なので避けては通れない道です。そして何より、かのジャンヌダルクの処刑裁判がこの異端審問に含まれているのですが、どうしてもこの話題を拷問的視点から語りたい。ということで、いずれ記事になると思います。

拷問記事のリメイク

自分で言うのもあれですが、過去の記事が目を覆いたくなるほどひどい。特に初期の記事がひどい。本音を言えば全て消して一から書き直したいレベルですが、それは出来る気がしないので気になる物だけでも書き直すつもりです。

クオリティが低いだけならまだ良いのですが、間違ったことを書いている記事が不味いんですよね。具体的に言うとエクセター公の娘のことなんですけども。これはすぐにでも書き直したいというか、むしろこの記事書いている暇があるなら直すべきなのではなかろうか……。これが最優先事項ですね。

言いたいこと

魔女狩りについての需要があるのだろうか?

今年に入ってからですが、魔女狩り関係のキーワードで検索してこのサイトにたどり着く人が増えてきました。自分で言うのもなんですが、魔女狩りについての記事はここ数か月完全にサボっています。全く新しい記事を書けていないので、正直かなり焦っています。

弁明すると、魔女狩りについて調べてはいるんです。魔女と呼ばれる存在に対する人々の認識の時代による変化だとか、魔女が異端審問に登場し、その数を増やしていく過程だとか、魔女に対して行われた拷問が理にかなっていたと言える理由だとかなど、色々とネタもあるんです。

しかし、記事に出来るほどしっかりと考えがまとまっていないと言いますか、異端審問をしっかり調べてから記事にしたいといいますか……つまり、まだ魔女狩り関係の記事を書くつもりはないんですよね。この方向の情報を求めている人には申し訳ないですが、まだしばらく待ってもらうことになりそうです。

拷問を解説する動画を見つけました

基本的に拷問についての情報を文献から集める私ですが、ネットでもよく検索します。むしろ、ここ最近は忙しさから本を読む時間があまり取れず、ネットで調べている時間のほうが多かったように思います。そこで、とある動画シリーズを見つけました。

国内では、拷問について解説している動画というのはかなり数が少なく、また古いものばかりです。なので、新しくこのジャンルの動画が出てきてくれたのはとても嬉しい……と思って見ていたのですが、なんだか見覚えのある文章が聞こえてきて笑いました。もっとやって欲しい。

自分が書いた記事が人の役に立っているのを見るのは嬉しいものですね。それにより拷問に興味を持つ人が増えてくれれば、これ以上嬉しいことはありません。新しい拷問の記事を書いたらまたネタにしてくれるだろうかと、少し期待していたりします。

要するに、もっと記事を書こう

やりたいことも言いたいことも、ひとまずこれくらいです。書きたいものが色々あるから、それらを書きたいという話でしたね。またしばらくすると忙しい期間に入るので、やりたいことは今のうちにやり切りたいです。

拷問についての記事を書くだけで生きていける社会になって欲しいと妄想しつつ、そうではないので上手く生きていこうと思います。