拷問が調べやすくなりました

ブログ


以前から常々思っていた拷問の検索性を向上させる方法ですが、拷問に利用される方法をカテゴリー化して分類したページを作ることで対応しました。

まだまだ改善の余地はありそうですが、とりあえずしばらくはこれで様子を見ようと思います。

拷問解説カテゴリー別一覧

拷問を分類して思ったことですが、火や水を使った拷問というのは想像していた以上に少ないもののようです。というより、物理的な拷問が想像以上に多いと言った方が正確かもしれません。

もちろん、私がまだ解説していない拷問は数多くありますし、その中には火や水を使った拷問も多くあるでしょう。しかし、それよりも多くの物理的な拷問があるであろうことは、現時点での物理的な拷問が拷問全体に占める割合から容易に想像できます。

考えてみれば、拷問の最盛期であった異端審問や魔女狩りが行われた時代に、火や水を効率的に使う高度な技術力があったとは考えにくいわけですから、より簡単に苦痛を与えられる物理的な拷問が多くなるのは当然と言えます。

逆に、現代では拷問の技術も上がっているので、火や水を使った拷問が増えるんじゃないか……と思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。というのも、現代では精神的苦痛を与えることを目的とした拷問が増えているんですよね。睡眠を奪うとか、感覚を奪うとか、家族を脅しに使うとか、etc……。

もちろん、身体的苦痛を与える拷問が全くなくなったわけではありません。CIAによる拷問でも水責めが使われていましたし、電気責めという現代的な拷問も誕生しているわけですからね。

それらの拷問も見つけ次第、記事にしていきたい所存です。