現在進行形の拷問関連話について

ブログ

現代、いや現在において、拷問に関わるものとして最も関心のあった話題と言えば、やはりISIS関連の話でしょう。今ではすっかり話題に上がらなくなっていますが、今もこの世界で、現在進行形で、現実に起こっている問題です。

話題になっていた当時、特にISISに日本人ジャーナリストが捕虜になったときは、連日テレビで様々な話題についての報道がなされました。ISISという組織について、捕虜になったジャーナリストについて、そして日本の対応についてなどなど。

 

そんな様々な報道の中で、1つだけ話題にならなかったものがあります。このサイトの記事が取り上げていることから分かる通り、拷問についての話題です。正確には、厳しい尋問があったという話は話題になりました。しかし、具体的にどのような厳しい尋問、つまり拷問が行われたのかという話は出ませんでした。理由は分かるんですけどね。具体的にこんな拷問が行われましたなんてことをテレビで流したら、間違いなくクレームの嵐ですから。

しかし、それでも知りたいと思うのが人の性……というより、私の性です。何とかして調べる方法はないものかと調べていたところ、見つけました。実際にISISに捕まり、実際に拷問を受けたジャーナリストが、その体験をノンフィクションで出版した本がありました。それが、この本です。

レビューを見たところ、具体的に行われた拷問について細かく書かれていることが分かりました。一般的には見たくもない、知りたくもない内容なのでしょうが、私にとってはこれほど知りたかった情報もそうそうありません。

現在は、さっそく読んでいる最中です。読み終わったらレビューするつもりなので、楽しみにしていてください。