私立拷問電脳図書館

Private Torture Cyber Library

雲仙地獄責め

そもそも拷問というものはロクでもない。ということに異論がある人はいないと思いますが、そんなロクでもない拷問は、宗教と合わさるとよりロクでもないものになります。 どんな手段を使ってでも「改宗すると言わせ」さえすればよい。と […]

今井町に燻し牢を見に行きました

『本当はやってはいけない拷問マニュアル』によると、今井町の今西家には、かつて拷問に利用された設備が今尚現存しているらしい。 拷問を調べている人間としては、これは行かねばなるまい。という訳で、実際に行ってきました。 燻し牢 […]

Twitterはじめました

情報化社会という言葉が一般的に使われるようになってから、ずいぶんと時が経ちました。 今や誰もがネットに接続する時代です。規模にかかわらず、会社も例外ではありません。 何が言いたいのかというと、そんな時代の流れに乗るべく、 […]

和刻本漢籍随筆集 5 『文海披沙』

拷問について調べていると、言語の壁を感じることがあります。 それが英語ならまだ何とかなりますが、中国語ともなるとお手上げです。 そんな個人的な事情はともかくとして、今回、1つの拷問について書かれた書籍の紹介が出来ることに […]

ポー・デ・アララ

ポー・デ・アララ(Poleiro de arara)とは、ポルトガル語で「コンゴウインコの止まり木」を意味する言葉です。 この拷問を受ける犠牲者を、止まり木で休んでいるコンゴウインコに見立てての命名でしょう。 しかし、犠 […]

リッサの鉄棺

このリッサの鉄棺を記事にするかどうかは、非常に悩む問題でした。 と言うのも、この拷問具が実際に使われたらしい気配が一切しないからです。 断言はできませんが、これは架空の拷問具である可能性が高いと思われます。 閉じ込め、圧 […]

キリシタンへの拷問が登場する作品は珍しい……映画『沈黙』レビュー

拷問を調べていて気づくことの一つに、キリスト教との関係があります。 キリスト教のあるところに拷問あり……とまでは言いませんが、少なくともキリスト教徒が拷問を行った、そして行われたというのは歴史的な事実です。 日本でも同じ […]