拷問解説

ポー・デ・アララ(Poleiro de arara)とは、ポルトガル語で「コンゴウインコの止まり木」を意味する言葉です。この拷問を受ける犠牲者を、止まり木で休んでいるコンゴウインコに見立てての命名でしょう。しかし、犠牲者には休むことなどできなかったはずです。

拷問解説

このリッサの鉄棺を記事にするかどうかは、非常に悩む問題でした。と言うのも、この拷問具が実際に使われたらしい気配が一切しないからです。断言はできませんが、これは架空の拷問具である可能性が高いと思われます。

拷問の登場する作品集

キリスト教のあるところに拷問あり……とまでは言いませんが、少なくともキリスト教徒が拷問を行った、そして行われたというのは歴史的な事実です。日本でも同じことが言えます。その場合、キリスト教とは拷問を受ける側でしたが。そんな日本のキリスト教徒、キリシタンと拷問が登場するのが、今回レビューする映画『沈黙』です。

拷問の登場する作品集

拷問が登場する作品は数あれど、かつてこの世界に存在した拷問具そのものが登場する作品というのはあまり多くありません。そういう意味で、この漫画『魔女へ与える鉄槌』は数少ない拷問具が登場する作品なので貴重です。もっとも、その扱いは拷問具というよりはむしろ武器ですが。

ブログ

新年あけましておめでとうございます。今年は子年ですね。というわけで、ネズミを使った拷問の話でもしようかと思います。これから1年の付き合いになりますからね。

拷問の登場する作品集

拷問について調べようと思ったら、魔女狩りのことは決して避けては通れません。 魔女であると自白させるために、拷問は盛んに使われましたからね。 そして、そんな魔女狩りを語る上で絶対に外せない文献の1つが『魔女に与える鉄槌』です。 そんな魔女に与える鉄槌について解説した本が出版されたそうです。 これは読むしかないですね。

ブログ

アメリカのほうで、救助ヘリが引き上げようとした担架を回転させてしまう事故が起こったそうです。当事者にとっては大変な出来事だったでしょうが、駿河問いを知る人間としては、非常に興味深い出来事でもあります。

図書館運営

結論から言って、薔薇の洞窟はおそらく牢の一種であり、そして勘違いから創造された産物だと考えられます。アイアンメイデンに似ていますね。

拷問解説

ネズミ拷問(rat-torture)とは、その名のとおりネズミを使った拷問のことです。現代の我々にとってもそうであるように、いつの時代の人間にとってもネズミというものは厄介な存在だったようです。その為なのか、拷問のような歴史の暗部では重宝されました。